体外から侵入する有害物質!

ビールにポテチ

私たちが普段何気なく摂取している飲食物の中にも発がん物質があります。
『国際がん研究機関』IARCは、発がん性物質の分類を4つに分けています。最もがんとの関連が高いグループ①に位置しているものの一つが『アルコール』です。

また、アルコールを体内で分解する過程で発生する『アセトアルデヒド』にも発がん性が認められています。厚生労働省が示す一日の節度ある酒量は、純アルコール20g以下です。
これはビール中ビン1本、日本酒1合、ワインレグラス2杯などに相当するそうです。

他に発がんリスクのグループ②(人に対しておそらく発がん性がある)に当たるものが近年の研究により、糖とタンパク質が結合し、加熱されることで糖化反応が生じて出来る『コゲ』です。これは終末糖化産物『AGEs』の化合物の一つ『アクリルアミド』といわれるものです。代表的なものとしてポテトチップス、ビスケット、トーストなどのように高温で調理されたものです。このアクリルアミドは『煮る、蒸す、茹でる』など水を利用した調理では生成されません。

調理法を工夫するだけでもアクリルアミドを減らすことができますよ!

店舗情報:
ヒーリングハウス アリイズミ
整体・アロマ・耳つぼダイエットの店
住所 掛川市 本郷 2247-2
電話 0537-26-1010
営業 9:00~20:00
定休 月曜日 / 第2・4日曜日

お問い合わせ

コメント


認証コード9246

コメントは管理者の承認後に表示されます。