昭和の子どもと今の子どもの体力差

キャッチボール

前回の東京オリンピック(1964年)の開催を契機に国民の体力・運動能力の現状を把握するための調査を毎年、国が行っています。スポーツ庁は、昭和39年当時と令和元年時の12才の男女の体格と体力測定の結果を公表しました。
55年の年月で豊かになった食生活で男女ともに対格差は大きく向上しています。特に男子は、身長が約9cm体重が約7kg上回っています。

しかし、「ボール投げ」の能力は、低下しています。ボール投げは、単なる筋力の差ではなく、「体のバランス」や「空間認知力」という高度な運動能力を必要とします。

公園で野球やキャッチボールをする機会が減ったことも原因としてありますが、朝日を浴びてしっかり朝ご飯を食べる生活リズムが健康的な子どもを育むことは今も昔も変わりありません。

体力差

店舗情報:
ヒーリングハウス アリイズミ
整体・アロマ・耳つぼダイエットの店
住所 掛川市 本郷 2247-2
電話 0537-26-1010
営業 9:00~20:00
定休 月曜日 / 第2・4日曜日

お問い合わせ

コメント


認証コード3392

コメントは管理者の承認後に表示されます。