冷えと基礎代謝

冷え
血液のめぐりが悪くなると起こるのが『冷え』です。冷えとは末梢の血管が収縮して皮膚に流れる血流が不足し、手足や腰、背中などが冷たく感じるようになることです。
 代謝とは化学反応の一種で様々な酵素がそれを促進する働きをしています。酵素は低温では反応が遅くなり逆に高温になり過ぎると働かなくなります。丁度良い温度は、37℃で冬の寒いときは、手足の血管を収縮させ熱の拡散をふせぎ内臓や心臓など重要な器官の体温を維持しようとします。
なのでこの時期はとくに冷えを感じる方が多いと思います。
体内の温度が1℃下がると、基礎代謝は約12%も下がると言われています。さらに女性に多い腰の冷えですが、腰の冷えは骨盤内がうっ血して筋肉がこり、骨盤のゆがみをまねきます。結果的に肩や背中、頭痛などを招きやすくなります。
また内臓機能(子宮、卵巣など)の低下し、月経困難症などもおこる場合がありますのでカイロや適度な運動で体温調整しましょう。

アリイズミの整体、アロマの施術は、こんなお悩みがある方にも有効です。

店舗情報:
ヒーリングハウス アリイズミ
整体・アロマ・耳つぼダイエットの店
住所 掛川市 本郷 2247-2
電話 0537-26-1010
営業 9:00~20:00
定休 月曜日 / 第2・4日曜日
お問い合わせ

コメント


認証コード1606

コメントは管理者の承認後に表示されます。